外部からの攻撃に備える

外部から攻撃を受けるのは小さな会社も同じです。

特に小さな会社だと、総務部門の方が自社のIT機器に関する対応を業務に並行して行っていることがあります。この場合やはり専門的な知識がないので、最低限の機器しか導入しないことが多いのですが、実はこういった会社でも外部からの脅威に備える必要があります。この外部からの脅威というのは、インターネットを経由して行われるものになり、ウィルスの感染やサーバーなどの乗っ取りなどがあるのです。こういった脅威に注意をして、対応していく必要があるのですが、なかなか総務部門であれば、どのようにすれば良いのか、また費用もかかるのではということが考慮すべき点になります。こういったポイントを解決するものとして、UTMと呼ばれる機器が存在しており、手軽にしっかり対応できるものとして、人気を集めています。

UTM(総合脅威管理)に関する内容について

UTM(総合脅威管理)装置が、中小の会社や、特にITの部門が存在していない企業が、導入すべき機器として、人気を集めています。このUTMは、ファイアウォール機能が中心なのですが、あわせてアンチウィルス機能や侵入検知、Webコンテンツフィルタリングなどが含まれています。これらの機能が、ひとつの機器に集約されていますので、企業はこのUTMを導入することで、外部からの脅威に備えることができるのです。またこれらの機器は、機能の更新も需要なのですが、手軽に導入できるように更新料や保守料が低く抑えられてきているのです。よってITの専門部隊がいない企業でも、簡単に導入して、しっかり防御できることになりますので、検討すべき機器なのです。