PC
外部からの攻撃に備える

会社の規模が小さい場合、総務部がIT機器の対応業務を同時に進めていることが多く、最低限の機器の導入を行なうことが一般的です。しかし、きちんと外部からの攻撃に備えていなければウイスル感染やサーバー乗っ取りなどの原因になってしまいます。

Read more

攻撃方法を学ぶ

サイバー攻撃にはいくつかの種類があるのですが、標的型攻撃と呼ばれている攻撃は、特定の目的を持った攻撃ですのでメール等から侵入してくる危険性がありますので注意が必要です。

Read more

危険な攻撃

対象を決めてサイバー攻撃を行なう標的型攻撃は、機密情報や知的財産などを狙って行われることが一般的です。そのため、攻撃を受けないように万全の体制で注意をしておく必要があります。

Read more

インターネットの注意

ネットワークセキュリティを構築して防衛するメリット

コンピュータをネットワークに接続して、活用する人が大部分になりました。それによって生活や仕事が便利になる事は間違いありません。しかし人間がネットワークに頼る事を悪用して、情報搾取をしようとする人が後を絶たない事も事実です。コンピュータを利用する人はセキュリティを意識する必要があります。貴重な情報は大きな価値を持つ事もあるからです。 ネットワークセキュリティを構築すれば、攻撃者から身を守る事ができます。正当性が欠ける行為を世の中から減らす効果もあるので、広義的には社会貢献の意味合いも持つのです。しかしそれ以上に貴重な情報が漏洩するリスクを解消できます。情報漏洩によって生まれた損失は様々な要因から回復が難しいのです。

ソフトウェア単位で防御するようになった

以前はネットワークケーブルから取り込んだ情報で、不審と判断されるものは全て排除されました。ネットワークを通して送り込まれる情報は膨大であるため、リスクのあるデータが紛れ込む可能性は常に存在します。その危険性を軽減する効果が高い事は間違いありません。しかしネットワーク経由のソフトウェアが登場した事で、欲しいデータを取得できないケースが増え始めたのです。 よってWAFという新しい技術が確立しました。WAFはソフトウェア単位でセキュリティ設定を行える事が強みです。現在ではWAFの外注サービスを利用して、セキュリティ体制を作る企業が増えています。それはWAFによってセキュリティを構築しなければ、運用に支障を来たすケースが多くなっているからです。